赤澤です。

皆様とこの情報を「京町屋jp」を通して共有し、「京町家」並びに「藏や」を知っていただくきっかけとなりましたら幸いです。



<ご予約はこちらから>

●「藏や」西松屋町:http://www.machiya-stay.co.jp/kuraya-nishimatsuyacho

●「藏や」公式HP:http://www.machiya-stay.co.jp/

※各リンク先サイトの「画面右上部」の「空室を検索」より、今すぐご予約可能です。



<連載者(赤澤)のプロフィールはこちらから>

●赤澤林太郎:https://kyomachiya.jp/future/2516/
(「藏や」運営会社「アールスクウェア株式会社」専務取締役)



1本目の柱が立ち上がりました。左官職人さんが塗壁の上塗りをはがします。上塗りはまた新しく塗りなおすことで綺麗になります。壁紙みたいですね。

塗壁は下地として竹駒井(たけこまい)といって竹で編んだ下地があり、その上に荒土壁、中塗りと来て仕上げである上塗りがきます。 荒土壁はラスボードという石膏ボードを使うことで施工手間を省き材料コストを圧縮することができますが、ちゃんとしたものに比べると中身がスカスカなので質の悪い印象があります。 上塗りには大きく分けて漆喰仕上げ(漆喰壁)や土仕上げ(土壁)の2種類があるそうです。この先施工が進むにつれてわかってくるのですが、塗壁はとても奥が深いです。

木材は堀川丸太町の今北材木店さんから仕入れています。
土壁の材料は堀川下立売りの灰豊さんから仕入れています。
京町家改修

京町家改修

京町家改修