失われゆく歴史的京町家の「保存」

京都の歴史的な街並みを象徴する「京町家」は、都市の開発や老朽化などの問題で急速にその数を減らしつつあります。
京都市の調査によると7年間で5602軒、一日あたりおよそ2.2軒のペースで京町家が取り壊されており、官民一体となった施策が急務となりました。
京都市は町家取り壊しに関する条例の制定を検討しており、今後も伝統的な京町家保護の動きは広まっていくでしょう。

注目を浴びている京町家の「再生」

近年、外国人観光客の増加に伴い、日本の伝統や文化が見直されています。
日本の伝統的な建築技法が活用された京町家もその一つといえます。